ドキュメンタル最強!? Season7 エピソード5 ザコシネタまとめ

ハリウッドザコシショウ ドキュメンタルSeason7 VOD(動画配信サービス)
https://realsound.jp/movie/2019/04/post-352987.html (c)2019 YD Creation


毎日笑って健康! こんにちは みぎー です

一挙公開で放送されたドキュメンタルSeason7ですが、エピソード5はその最終話にふさわしい、4時間半いっき見したみぎーも納得の内容となっています。
なぜなら、エピソード5という6時間にわたる闘いのラストスパートでも、まったく色あせないハリウッドザコシショウのネタの面白さが、おなじく長時間その闘いをみていた視聴者を飽きさせることなく楽しませられているからです。
シーズン1、3、4では、最終話では挑戦者たちも疲れきっているのが見ているこっちにも伝わってきましたが(エピソード2は疲れすぎてハイになってたので除外)、今回のシーズン7 episode5にはそれがありませんでした。


ドキュメンタルファンの人、ザコシショウファンの人、お笑いが好きな人はエピソード5を見て、「これぞ Mr.ドキュメンタル」という彼の姿をいちど目の当たりにすべきです。



今日は、そんな ドキュメンタル Season7で圧倒的すぎる実力により数々の芸人を脱落させたそのザコシショウのネタの、エピソード5で披露された数々を順にまとめました。


これを見て、ハリウッドザコシショウの芸人としての強さを再確認しましょう


エピソード5 王者包囲網

ドキュメンタル審査員・松本人志

出典:映画.com『【え? ウソ!? まだこの《神シリーズ》見たことないんですか?】編集部のガチファン(女子)が全力プレゼン!S1~6から最新S7までをイッキ見! 【GW家での正しい過ごし方】』 https://eiga.com/movie/91102/special/



エピソード5では、ザコシの無尽蔵なものまねレパートリー、面白いと思ったものをどんどん取り入れる芸人魂、そして、ピンチの場面で形勢逆転するポテンシャルの高さを見ることができます。(その雄姿はぜひ本編で!)

披露されたのは全部で9ネタ! 公式Youtubeチャンネルなどから紹介します







開始5時間25分 田原俊彦×サルのおもちゃ


このネタでは、持ちネタを常に進化させるという芸人の心得のようなものを感じます

シンプルに面白い「音をなんでもオウム返しするサルのおもちゃ」、それに『教師びんびん物語』の田原俊彦がかけあわされて、とてもシュールな空間でした。それに、機械につきもののアクシデントが加わって、見事に笑いのツボをヒット! それも計算だったのか!?と思ってしまうような裏切りの展開には、出演者も視聴者も笑わずにはいられませんね

前回出演したシーズン5で話題となったサルのおもちゃをぬかりなく導入するという、ザコシショウの笑いへの貪欲さが垣間見えるネタでした






開始5時間35分 タイガーマスク(マスクのみ)

 
このネタでも、持ちネタを常に進化させるという心得を感じます

ザコシファンやプロレスファン、芸人たちも大好きなザコシショウのタイガーステップ
前回出演したシーズン5では本物さながらのモノマネパフォーマンスで盛り上げてくれましたが、今回の衣装はマスクのみ。Amazon Prime Video という枠だからこそ実現するネタです。
普通に見ても笑いそうになるのに、マスク以外は生まれたての姿でタイガーステップされたら、ステップの回数ぶん笑いがふえることになります。

一見、かなり豪快でやばいやつと思われがちなハリウッドザコシショウですが、鉄板ネタに甘んじることなく、見ている人を飽きさせず、笑わせるための戦略をしっかりと考えるそのまじめな姿勢が、彼の魅力でもありますね

開始5時間40分 【助っ人】連獅子太夫(コウメ太夫)


こんなに強くてもきちんと助っ人を用意するザコシショウ。ライオンは小さな獲物を狩るときも全力で狩りに行くとよく言いますが、まさにそれがザコシショウのスタイルでしょう。

ザコシショウは後輩の面倒見がスゴくよくて、事務所の後輩からの信頼があつい人物です。前回出演時には、同じSMA所属のチャーミング じろうちゃんを助っ人として呼び、女形を披露してもらって対戦者の笑いをゲットしていました。
しかし、その前回の女形ネタは面白かったのですが、今回はライブでもめちゃくちゃスベってたというコウメ太夫の連獅子太夫ネタを披露させています。これもおそらくザコシショウの戦略のひとつで、シーズン7でも面白い後輩芸人にきてもらうのではなく、あえてコウメ太夫という面白くない芸人を呼ぶことで結果的につまらなすぎてそれに笑いそうになる状況ができあがっていました。
それに加えて、コウメ太夫という人物の挙動不審というやばさが引き出されたことによって、見事に笑いをゲット!


助っ人システムひとつ取っても、ザコシショウのドキュメンタルスキルは侮れません






開始5時間45分 半沢直樹(にらめっこにて登場)


追いつめられた芸人たちがいきついた「にらめっこ」という地獄のなかから、半沢直樹を引っぱり出してきて状況を打開できるというその高いポテンシャルこそが、ほかの挑戦者とザコシとの決定的なちがいではないだろうか

千鳥ノブも、フット後藤も、霜降りせいやも、ザブ加藤も、ドキュメンタルではどの芸人も追いつめられると笑ってしまったり、コケたりと、残念な結果になりがちです。しかし、ザコシにはその状況を見ることがありません。ないと言うよりむしろ、残念な結果に見えないという方がいいかもしれません。ザコシショウは基本的にスベっても全く動じません。昔からネタを披露してきてこれまでスベり続けてきたらあまり気にならなくなったと本人は言っていますが、スベった後の姿はむしろ自信ありげなたたずまいです

その鍛えぬかれたメンタルがあるからこそ、たとえ追いつめられても冷静に状況をみてネタを引き出せるのでしょう
ひょっとすると、変顔してるうちにたまたま半沢直樹の顔になったのかもしれませんが、とにかくあの状況から現場の空気を自分の世界感にもっていけるのは、ポテンシャルの高さゆえであると言うほかありません






ラスト10分 【怒涛のモノマネ5連発】


制限時間6時間のうち、5時間50分が経過した シーズン7の終盤も終盤。
ここまでくると、「もうできることはやりつくした」という芸人が多い中、やはりザコシは違いました!

ここにきて、なんとモノマネを5連発! ネタのレパートリーが多すぎる としかいいようがありませんね。テレビでやれないだけで本当に2兆個あるのかと疑いたくもなります。

しかも注目すべきは、対戦相手の笑いのしかけに乗っかりつつ、カウンター式にくり出した「パーフェクトヒューマン」
いつものザコシショウの鉄板ネタなのですが、試合終了まぎわのこの疲れきった状況で、攻撃してきた相手を返りうつポテンシャルの高さまで感じとることができました

エピソード5の中でも、ここがかなりのお楽しみ&衝撃ポイントです
ぜひ本編で!

千昌夫がコナミコマンドをやったら

 

 

ファミコンの「ゴルフ」

ファミコン「魔界村」の死ぬところ

誇張しすぎたひょっこりはん

※ひょっこりはんの映像は刺激が強すぎるため、ネット上にありませんでした

パーフェクトヒューマン

ラスト40秒、ラスト1秒  誇張しすぎた千鳥


5時間59分が経過して、ここが芸人たちの最後のあがきどころ 毎シーズンわくわくしてしまう瞬間ですよね
この最後の1分間が、エピソード5で最大の見どころの一つといえます

なんと、ここにきてまだ新しいネタがありました。誇張しすぎた千鳥。5時間59分間あれほど破壊力のあるネタをたくさん披露して、まだとっておきがあったとは…
しかも、ちょっと似てるし面白いし。これにはもう驚きを隠せません。

最後の最後まで笑わせることをやめない芸人魂 本当にあっぱれです!






[まとめ] 最強のMr.ドキュメンタル・ハリウッドザコシショウ

ハリウッドザコシショウのサブリミナル効果

出典:HollywoodZakoshisyoh『ハリウッドザコシショウのサブリミナル効果(令和ver.)
』https://youtu.be/3ItvgTlGRkw



いかがでしたか?

6時間の闘いのラストスパート・エピソード5でも、ハリウッドザコシショウが視聴者を飽きさせることなく魅了できるのは、これらのような
無尽蔵なものまねレパートリー面白いと思ったものをどんどん取り入れる芸人魂、そして、ンチの場面で形勢逆転する高いポテンシャルをもっているからではないでしょうか

エピソード5だけでなく、シーズン7を通してたくさんのネタを披露してくれましたが、ハリウッドザコシショウにはまだまだ面白いネタがたくさんあります
そちらもぜひご覧ください




▼あわせて読みたい

ハリウッドザコシショウ ドキュメンタルSeason7 エピソード4

ハリウッドザコシショウ ドキュメンタルSeason7 エピソード3

ハリウッドザコシショウ ドキュメンタルSeason7 エピソード1&2

ハリウッドザコシショウ ドキュメンタルSeason5の活躍

ハリウッドザコシショウのネタまとめ

ザコシショウはなぜ面白い or 面白くないのか?



まだドキュメンタルをご覧でない方は
ぜひ一度 本編でその実力をご覧になってみてください

毎日笑って健康に!!



コメント

  1. […] ハリウッドザコシショウ ドキュメンタルSeason7 エピソード5 […]

タイトルとURLをコピーしました