ドキュメンタル おすすめシーズン徹底比較

感想 VOD(動画配信サービス)

毎日笑って健康に! こんにちは ドキュメンタル大好き・みぎーです

現在 Amazon Prime Video で大人気・芸人同士の真剣笑わせ合いバトル『ドキュメンタル』

これまで全7シーズンが公開されていますが、「全部観るのは大変、オススメを教えてほしい!」「自分の好みに合ったシーズンがどれか知りたい」という方も多いかと思います

そんな方々のために、今回は 全シリーズを何周もしている筆者みぎーから見た、各シーズンのおすすめポイントを徹底比較します


本記事を読んで、自分の好きなシーズンを見つけ、たくさん笑わせてもらいましょう!



ドキュメンタルおすすめシーズン徹底比較

シーズン1

ドキュメンタルの歴史のはじまりとなるシーズン1

芸人たちを閉じ込め、ガチンコ勝負の笑わせ合いをさせるとどうなるのか? そんな革新的で実験的な企画のスタート地点を見届けたいという方は必見です

出場者は、結構かたよっていて「普段からお笑いをかなり見る」人向けのメンバーが集められました

出場芸人一覧

吉本興業の「笑いの曲者」ばかりが10人集められました。

 ・[芸歴25年] 宮川大輔
 ・[芸歴21年] 大地洋輔(ダイノジ)
 ・[芸歴16年] 久保田和靖(とろサーモン)
 ・[芸歴26年] 藤本敏史(FUJIWARA)
 ・[芸歴21年] 川島邦裕(野性爆弾)
 ・[芸歴11年] 斉藤司(トレンディエンジェル)
 ・[芸歴12年] 川原克己(天竺鼠)
 ・[芸歴20年] ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
 ・[芸歴 6年] アントニー(マテンロウ)
 ・[芸歴34年] ジミー大西


2丁目劇場で時代を盛り上げたフジモン宮川野性爆弾・川島(現 くっきー!)、また、賞レース決勝進出の実力を持つハチミツ二郎ダイノジ・大地という、芸歴20年以上の猛者たちが5人も参加

さらに、M-1グランプリ2015優勝で波に乗るトレンディエンジェル・斎藤、のちにM-1を制するとろサーモン・久保田、賞レース決勝常連の天竺鼠・川原、ハーフ芸人で絶対不動のキャラクターを確立するマテンロウ・アントニーなど、2000年代にデビューした若手芸人も中堅に負けていない!

そして、忘れてはならないのが ダウンタウンの同期・ジミー大西


根っからのお笑いファンにはたまらないキャスティングです


おすすめポイント

シーズン1でおすすめするポイントは、以下の通り。

  • 異様な空気感
  • 芸人たちの防衛本能
  • 若手芸人の活躍


たしかな腕をもつ実力派芸人たちが、今まで誰も体験したことのない極限的な笑いの空間に直面したときに生まれる異様な空気感と、それに対する芸人たちの防衛本能が、シーズン1の見どころです。

また、中堅芸人に負けずに食らいついていく若手芸人たちの活躍にも注目です!

▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




シーズン2

大好評のドキュメンタル シーズン1を引きつぐ 重要な回となるシーズン2

お笑い界に衝撃が走ったシーズン1の戦いを経て、参加する芸人たちはドキュメンタルの傾向と対策について考えられるようになりました。

出場者は、前回とは打って変わり、テレビでお茶の間を楽しませるのが得意なポップなメンバーとなっています

出場芸人一覧

シーズン2からは、吉本だけでなく いろんな事務所から、エネルギーあふれる芸人たちが集められました。

 ・[芸歴17年] 吉村崇(平成ノブシコブシ)
 ・[芸歴26年] 宮川大輔
 ・[芸歴18年] 大島美幸(森三中)
 ・[芸歴27年] 日村勇紀(バナナマン)
 ・[芸歴24年] 児嶋一哉(アンジャッシュ)
 ・[芸歴27年] 藤本敏史(FUJIWARA)
 ・[芸歴10年] 斉藤慎二(ジャングルポケット)
 ・[芸歴17年] 津田篤宏(ダイアン)
 ・[芸歴20年] 小峠英二(バイきんぐ)
 ・[芸歴35年] ジミー大西


前回に引き続き2度目の参加となるジミーフジモン宮川が、現場に新たな衝撃を巻きおこす!

また、喜劇王・日村、キレキャラ芸人・児嶋、キングオブコント王者・小峠という中堅芸人たちも現場をかき乱す

さらに、多数のバラエティ番組で活躍する森三中・大島平成ノブシコブシ・吉村ダイアン・津田ジャングルポケット・斉藤という若手メンバーたちも、貪欲に笑いを狙いに行く!


おすすめポイント

シーズン2でおすすめするポイントは、以下の通り。

  • 集中力が途切れる瞬間
  • 写真の脅威
  • 間(ま)
  • アグレッシブに攻め続ける姿勢


シーズン1だけでは見えなかったドキュメンタルの恐ろしさが徐々に明らかになってきました。
さらに、新たに加えられた「ポイント制」のルールによって、アグレッシブに笑いを取りに行く芸人たちの姿勢が目立っていました。

シーズン1に負けず劣らずの見ごたえです!


▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




シーズン3

好評に次ぐ好評により、シーズン2の後すぐの配信となったシーズン3

参加メンバーは、出場者から「松本さんホモなんとちゃうか?」という疑惑が出るくらい、男くささ満天です

出場芸人一覧

猛々しい屈強な雰囲気のある芸人たちが集められました。

 ・[芸歴24年] ケンドーコバヤシ
 ・[芸歴22年] 後藤輝基(フットボールアワー)
 ・[芸歴18年] 秋山竜次(ロバート)
 ・[芸歴27年] 木下隆行(TKO)
 ・[芸歴17年] 春日俊彰(オードリー)
 ・[芸歴22年] くっきー(野性爆弾)
 ・[芸歴19年] RG(レイザーラモン)
 ・[芸歴19年] 伊達みきお(サンドウィッチマン)
 ・[芸歴14年] 岩橋良昌(プラス・マイナス)
 ・[芸歴20年] 山本圭壱(極楽とんぼ)


個性的なキャラクターで周りの人間を魅了する野性爆弾・くっきーロバート・秋山レイザーラモン・RGオードリー・春日

まさにクセ者 プラス・マイナスの岩橋も奮闘!

さらに、その場の状況を冷静に判断してキレのあるツッコミを入れながら現場をまわすケンドーコバヤシフットボールアワー・後藤サンドウィッチマン・伊達みきお

そして大注目はやはりこの2人。事務所退社騒動もあったほどプライドの高い大先輩芸人 TKO・木下と、芸能界から退き 舞いもどった男 極楽とんぼ・山本圭壱


お笑いファンにはこの戦いは見逃せません


おすすめポイント

シーズン3でおすすめするポイントは、以下の通り。

  • 怪物 くっきー
  • 意外な暗殺者 後藤
  • 笑いのボディビル 春日
  • 後藤×春日×岩橋の奇跡
  • 名コンビ誕生
  • ブランク芸人 山本


複雑にからみあう芸人同士の駆け引きが生みだす超絶ド級の笑いの一撃、それをはねかえすテクニカルなカウンター攻撃、偶然と呼ぶのか奇跡と呼ぶのか 笑いの神様が降りてきた瞬間が、シーズン3の見どころです。

大好評だったシーズン2に負けないほどの見ごたえですが、シリーズ最高クラスの下ネタが誕生したため、苦手な方にはオススメしません

また、8年半のブランクに負けじと粘りを見せる極楽とんぼ・山本の戦いにも注目です!


▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




シーズン4

シリーズ最高評価(2020.04/28現在)のシーズン4

普段お笑いをあまり見ない方でも親しみやすい、テレビでよく見るおなじみの芸人たちが参加し、相変わらずの見どころ満天 盛りだくさんな内容です!

出場芸人一覧

テレビで大活躍のユニークなメンバーたちが真剣笑わせ合いバトルに招かれました。

 ・[芸歴18年] ノブ(千鳥)
 ・[芸歴23年] 井戸田潤(スピードワゴン)
 ・[芸歴27年] 藤本敏史(FUJIWARA)
 ・[芸歴22年] くっきー(野性爆弾)
 ・[芸歴18年] 黒沢かずこ(森三中)
 ・[芸歴18年] 大悟(千鳥)
 ・[芸歴27年] 飯尾和樹(ずん)
 ・[芸歴17年] 西澤裕介(ダイアン)
 ・[芸歴16年] クロちゃん(安田大サーカス)
 ・[芸歴28年] 宮迫博之(雨上がり決死隊)


2丁目劇場で時代を盛り上げたフジモン宮川野性爆弾・川島(現 くっきー!)、また、賞レース決勝進出の実力を持つハチミツ二郎ダイノジ・大地という、芸歴20年以上の猛者たちが5人も参加

さらに、M-1グランプリ2015優勝で波に乗るトレンディエンジェル・斎藤、のちにM-1を制するとろサーモン・久保田、賞レース決勝常連の天竺鼠・川原、ハーフ芸人で絶対不動のキャラクターを確立するマテンロウ・アントニーなど、2000年代にデビューした若手芸人も中堅に負けていない!

そして、忘れてはならないのが ダウンタウンの同期・ジミー大西


根っからのお笑いファンにはたまらないキャスティングです


おすすめポイント

シーズン4でおすすめするポイントは、以下の通り。

  • 防御力最弱の千鳥
  • 最悪なコンディションの黒沢
  • 飯尾のじわじわくる世界観
  • 井戸田、ノブの 尿
  • モンスターのクロちゃん
  • 化け物のくっきー


それぞれの参加者のバリエーションたっぷりな戦い方が見られて、とても盛りだくさんな内容となっていますが、この回も結構な下ネタがあります。苦手な方は後半にかけてご注意を!

それを差し引いても、評価に劣らず十分オススメできるほどの面白いシーズンです。


▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




シーズン5

ドキュメンタルの歴史に大きな衝撃を与えた シーズン5

クセの強い笑いが好きな方、ゴールデン番組に物足りなさを感じている方、そしてこれまでのドキュメンタルをすべて見た方は、このシーズンを見ることをオススメします。

出場者は精鋭ばかり10名の充実したメンバーがそろい踏みです

出場芸人一覧

吉本興業の実力者8人に、SMAとマセキの最終兵器2人が殴り込みです

 ・[芸歴19年] 秋山竜次(ロバート)
 ・[芸歴23年] 高橋茂雄(サバンナ)
 ・[芸歴15年] 狩野英孝
 ・[芸歴25年] 陣内智則
 ・[芸歴14年] 山内健司(かまいたち)
 ・[芸歴25年] たむらけんじ
 ・[芸歴25年] ケンドーコバヤシ
 ・[芸歴25年] ハリウッドザコシショウ
 ・[芸歴28年] 千原ジュニア(千原兄弟)
 ・[芸歴36年] ジミー大西


ドキュメンタル3度目の参加となるジミー大西、シーズン3に続き2度目の参加となるロバート・秋山ケンドーコバヤシ、さらに、そのケンコバと同期の陣内たむけんザコシという豪華なメンバーがそろいます

そして、人気、実力ともにはなはだしい千原ジュニアサバンナ・高橋かまいたち・山内狩野英孝という そうそうたる顔ぶれ

根っからのお笑いファンには 見ない手はありません!


おすすめポイント

シーズン5でおすすめするポイントは、以下の通り。

  • 同期の絆 ケンコバとザコシの掛け合い
  • ジュニアのまわし&大喜利
  • ザコシの破壊力が段違い


注目すべきは、4人も集まった同期の特にケンコバとザコシの絆、大先輩ジュニアの大喜利まわし、そしてその他の見どころをすべて食い尽くすようなザコシの段違いな破壊力です。

水曜日のダウンタウン、さんまのお笑い向上委員会、ゴッドタン、ざっくりハイタッチ
この辺の番組がお好きな方、ぜひご覧ください。


▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




シーズン6

過去5回とは一風変わったメンバーで笑わせ合いをさせるとどうなるのか? そんな新たな実験的シーズンを見ておきたい方は、シーズン6がオススメです

出場者は「女子多め」という、実験的な取り組みが行われました。

出場芸人一覧

今回の参加者は、シーズン5同様に吉本興業の精鋭10人が集められました。

 ・[芸歴 5年] ゆりやんレトリィバァ
 ・[芸歴19年] 黒沢かずこ(森三中)
 ・[芸歴14年] 近藤春菜(ハリセンボン)
 ・[芸歴19年] 大悟(千鳥)
 ・[芸歴17年] 友近
 ・[芸歴15年] 真栄田賢(スリムクラブ)
 ・[芸歴25年] 陣内智則
 ・[芸歴28年] 藤本敏史(FUJIWARA)
 ・[芸歴36年] ジミー大西
 ・[芸歴41年] 村上ショージ


2度目の参加となる黒沢、変幻自在のキャラ姉さん 友近、数々の賞レースで優勝を誇るゆりやん、漫才もコントもトークも情報番組も何でもこなす春菜が、男芸人たちを絶え間なく翻弄していく!

それにあらがうのは、なんと4度目の参加となるジミーフジモン、2度目の参加となる陣内大悟、審査員の松本が推薦したスリムクラブ・真栄田の面々!

そして、忘れてはならないのが 史上最年長参加者・村上ショージ


女芸人の大活躍が見られる珍しい回となっています。


おすすめポイント

シーズン6でおすすめするポイントは、以下の通り。

  • 女芸人の圧倒的な強さ
  • ベテラン芸人がみせる絶妙な空気感


史上最多4人の参加となった女芸人の活躍ぶりと、史上最年長参加者・村上ショージの魅惑的で絶妙な空気感が、これまでのドキュメンタルの戦いとはまた一風変わって良い味を出しています。

シーズン4のように、普段お笑いをガッツリ見ないような方でもわかりやすい戦いを見ることができます。


▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




シーズン7

ドキュメンタルに新たな伝説が生まれた シーズン7

このシーズンは、これまでのシーズン1~6を見て ある程度ドキュメンタルについて理解を深めてから見ることをオススメします。

その方が、このシーズン7がいかに当たり回であるのかが分かり、その分見ごたえや感動が大きくなるからです。

出場芸人一覧

(C) Amazon Prime Video JP – アマゾンプライムビデオ

テレビで大活躍の人気者10人が大集合!

 ・[芸歴20年] ノブ(千鳥)
 ・[芸歴21年] 加藤歩(ザブングル)
 ・[芸歴24年] 後藤輝基(フットボールアワー)
 ・[芸歴 8年] せいや(霜降り明星)
 ・[芸歴26年] たむらけんじ
 ・[芸歴23年] ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
 ・[芸歴25年] 小藪千豊
 ・[芸歴10年] みちお(トム・ブラウン)
 ・[芸歴30年] 宮迫博之(雨上がり決死隊)
 ・[芸歴26年] ハリウッドザコシショウ


2度目の参加となる宮迫ザコシたむけん後藤ハチミツノブに牙をむくのは、

テレビで見ない日はない吉本新喜劇座長・小藪千豊、さんまのお笑い向上委員会では その傍若無人な暴走ぶりから「魔王」と称されるザブングル・加藤、M-1グランプリ2018王者の霜降り明星・せいやと、同じくファイナリストのトム・ブラウン みちお という初参戦4人!


ノリに乗っている旬の芸人たちが集まったシーズン7、見逃すわけにはいきません!


おすすめポイント

シーズン7でおすすめするポイントは、この2人の活躍ぶりです。

  • ハリウッドザコシショウ
  • ザブングル加藤


今回はこの2人が最大であり最高の見どころです。シーズン5での活躍に引き続き、ザコシショウの破壊力抜群な笑いの攻撃はとどまるところを知りません!

また、ザブングル加藤の攻めの姿勢にも注目です。見る人によって評価が分かれる(100か0か)のですが、この男に周りの芸人たちが飲まれていたのは間違いありません。ちゃんと面白いことができるはずの “プロ” の芸人が、セオリーを無視し、恥を捨て、とにかく果敢に攻めまくる姿には、スベリをこえたあきれ笑いがこみ上がってきます!


▽▽▽詳細はこちら▽▽▽




まとめ

以上をまとめるとコチラ

  • シーズン1: 歴史のはじまり、曲者揃い
  • シーズン2: 新たな発見、エネルギッシュなメンバー
  • シーズン3: 男くさい、下ネタ満天
  • シーズン4: シリーズ最高評価、ユニークなメンバー
  • シーズン5: 衝撃的な強さ
  • シーズン6: 実験的な「女子多め」の出場者
  • シーズン7: 新たな伝説


興味のあるシーズンをご覧になって、自分好みの作品を見つけてみてください!


今日もありがとうございました!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました